スクリプトキディへの誘惑

中日新聞朝刊は「少年と罪」の特集記事を連載しており、今は「ネットの魔」と題したネットがらみの少年犯罪に焦点を当てている。

小学生が就きたい職業にユーチューバーを挙げるようにインターネットは空気のような存在になっている。

ユーチューバーになりたい理由は賞賛の対象になりたいという無邪気な子供心だ。

お金持ちになりたいというのは親の入れ知恵で、ヒーロー/ヒロインになりたいのだ。

ただしユーチューバーのヒーロー/ヒロインになるには時間がかかる。

内向的な子供は自分をさらけ出すユーチューバーよりもハッカーの知性に興味を持つ。

ユーチューバーはIT/ICTの知識よりもビデオ・クリエイターとしてのセンスが求められる。

一方でハッカーは素人よりも一つ知識があるだけで優位に立てる。

IT/ICTにのめり込むのは、この優位性の魔力にはまってしまうからだ。

道路交通法を遵守してレーサーを目指すような、正しい方向に進めば実力がつき、ホワイトハッカーとして活躍する道が広がる。

一方でハッカーの闇世界に嵌まってしまうと、スクリプトキディで留まってしまう。

スクリプトキディとは他人が作ったスクリプト、分かりやすく表現すればハッキングの道具、を使っての成果に満足する子供のことだ。

ネットでダウンロードできるハッキングツールは犯罪の道具だ。

不法侵入するピッキングの道具を入手するに等しい。

大人はスクリプトディという用語を覚えて、周りの子供が道を踏み外さないよう目を配るよう心がけたい。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/http://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

広告
スクリプトキディへの誘惑

動画投稿の夫婦が逮捕

今日の中日新聞朝刊は警察に対する偽計業務妨害で越前市の夫婦を逮捕した。

昨日も日経夕刊で同じ事件に対して投稿者の倫理観を問題視していた。

今朝の中日は逮捕されたことで実名報道し、日経では画像処理していた容疑者(夕刊記事時点では逮捕されていない)の顔も鮮明にした。

警察の容疑者への懲戒的な記者発表にマスコミも協力した形だ。

ユーチューバーで偽計業務妨害と検索すればこの夫婦の実名が永遠にヒットすることになるだろう。

この夫婦はモラルハザードの事例としてことある毎に取り上げられ、マスコミのweb版で実名が公表されたからには、ネット上に名前が残るからだ。消せない汚点だ。

いずれAIは動画の内容を理解して、倫理観で善し悪しを仕分けられるだろう。

悪とされた動画は広告料の支払いは保留され、閲覧者の評価は非公開にされる。

広告収入が絶たれ、世間のリスペクトを受けられない投稿者は創作意欲が失せるだろう。

ファミリーセーフティでブロックされる以外は非公開にしない。

問題行動の当事者を特定できるなど、悪質な動画の中には有用な情報が潜んでいることがあるからだ。

姑息な収入手段はいずれ塞がれる。

勿論、新しい錬金術は常に生み出される。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/http://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

動画投稿の夫婦が逮捕