失敗続きのファンド「クールジャパン」

クールジャパンは、アニメを初めとするクールな日本文化を海外へ発信するというムーブメント、元は日本のアニメをクールと評した外国人の声、に留まらず、クールジャパンの看板の官民ファンドも指す。

今朝の日経朝刊トップ記事はファンドの「クールジャパン」の不甲斐なさを報じた。

クールなのは外国人の感性であって日本人の都合ではない。

外国人のクールのフィージビリティスタディに時間とお金(といってもファンドの損失額からすれば少額)をかけるべきところを、収益事業にしてしまい、結果として失敗している。

有力者の持ち込み案件が失敗したのだが、持ち込み案件が承認されてしまうのは予算消化、すなわちノルマ達成を優先したからだ。

民間人も官のお金、税金が使えるとなると、予算を残そうという習慣が消えてしまうらしい。

税金を投入してのノルマ達成は耳新しい商工中金事件と通じる。

クールとは言い難いものまでファンドの資金で売り込んだ発想は、革新性を担う産業育成への投資を旨とするはずが東芝を経営破綻させない目的にすり替えた産業革新機構にも通じる。

クールジャパンは若者の中にも一家言があり、不適切さが分かりやすい。

SNSでの批判に耳を傾けたい。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/http://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

広告
失敗続きのファンド「クールジャパン」