快晴に恵まれた元旦祭

晴れ、北西の風。

午前中は町内の氏神の元旦祭が執り行われました。
気持ちのいい晴天で風もない中での神事です。
厄年の方のお祓いと子供会世話役の参列がありました。

早朝、けたたましい犬の鳴き声が聞こえました。
三匹の野良犬が我が家の畑を歩いていました。
どうやら近所の飼い犬と喧嘩をしたようです。
それにしても野良犬の三匹連れとは戌年らしい。

広告
快晴に恵まれた元旦祭

十年前のNHK BS番組が面白い

晴れ、北西の風。

新年を迎え、おめでとうございます。

元旦は子供会の獅子舞が戸別に奉納してくれます。
私が小学生の頃に始まったこの獅子舞は紆余曲折があったようですが、今年も続いています。
さて、年末年始の朝にNHK BSが十年ほど前の特集番組を再放送しています。
年末は夏、殷、秦の王朝を時代を遡る形で、秦、殷、夏と放送していました。
新年は明日から三国志の時代などを放送するようです。

歴史に疎い私にとって秦は映画や小説の世界ですし、夏や殷は歴史の授業で聞いた記憶がなく、国語辞典や漢和辞典の巻末の年表で目にするだけでした。

夏や殷は後世の古文書にその記述があるものの遺跡がなく伝説の王朝ともされていましたが、近年になって王宮の遺跡が発見されました。

紀元前二千年、今から四千年前の文明に驚くばかりです。

私にとっての学びの記録を一年間綴れればと思います。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/とhttp://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

十年前のNHK BS番組が面白い

ジャパンライフの被害拡大は消費者庁の天下りOBがいたから

お墓の正月飾りをした。

山林の中の墓地は落ち葉とドングリが積もる。

お花を飾る前に落ち葉掃除するのが恒例のことだ。

ただ、今年は落ち葉とドングリが多い。

ドングリが豊作だったのだろう。

連日話題になっているジャパンライフは、磁気治療器のレンタル事業が主に高齢者から集めた資金の殆どは磁気治療器の購入に使ってない見せかけの事業を行ったとして詐欺の疑いがもたれている。

昔から繰り返されてきた詐欺の手口であり政府当局が見逃してきたことが不思議だった。

中日新聞朝刊のトップ記事は消費者庁の課長補佐が天下りしていたのがジャパンライフで、消費者庁がOBに配慮してジャパンライフに対して業務停止命令を出すのを遅らせたとの疑惑もある。

悪事に荷担したOBの責任は大きいが、不作為の期間中に被害を拡大させた消費者庁の責任も大きい。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/http://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

ジャパンライフの被害拡大は消費者庁の天下りOBがいたから

年末は詐欺が増える!著作権侵害の架空請求詐欺

中日新聞朝刊の県内版が架空請求詐欺の事例を伝えている。

今回ははがきを送りつける手口だ。

新聞記事になったのは、はがきを受け取った人が不審に思い警察に届け出たからである。

何もせず無視した人もいるだろうが、はがきに書かれた電話番号に連絡して詐欺被害に遭った人もいるかも知れない。

年末の慌ただしさに紛れて詐欺が増える。

朝刊記事は消費者を狙ったものだが、事業者、特に中小・小規模事業者を狙った詐欺は呆れるような手口で電話や郵便物で接触してくる。

無視することは大切だが、警察に届け出て手口の共有を図ることも重要だ。

防災無線を通じて注意喚起が促され、今回のようにマスコミが取り上げることもあるからだ。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/http://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

年末は詐欺が増える!著作権侵害の架空請求詐欺

創業を考えるなら視て欲しいU-29

創業を考える若い方はご存知の番組だ。

NHKのU-29。

スポーツの世界ではU○○と表記してアンダー何歳という青少年限定の競技区分があるので、29歳以下のスポーツ番組かと誤解してもおかしくない。

実は29歳以下の若者の働く姿を描いたドキュメンタリーだ。

自営業のような独立して働く人達だ。

若者が創業しての苦労談も交えているが、創業を考えるオーバー29歳の人にも視てもらいたい。

この番組で描かれているのは年齢を重ねてある程度の社会人経験があっても、多少の自己資金があっても、共通して陥る創業の落とし穴だ。

身の丈に合った職業人の姿を参考にされたい。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/http://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

創業を考えるなら視て欲しいU-29

消防団訓練と報恩講

午前中は消防団の訓練だった。

来年1月の出初め式で我らが分団が小型ポンプ操法を披露するので、本番に向けた訓練。

ただし、本番を担う人達が消防署主宰の研修に参加したため、控えの団員による訓練だ。

本番の団員と比べれば動きが洗練されていないのは愛嬌。

大切なのは分団員の全員が操法の動作をできるようになることだ。

次回の訓練はクリスマスイブの24日。

今度は本番の団員が主体の訓練だ。

夕方は町内の信者(門徒ともいう)が集っての報恩講。

浄土真宗の開祖親鸞聖人の忌日(11月28日)の前後に執り行われる行事だ。

このとき町内で亡くなられた方の法要も営むのだが、幸いにもこの一年は亡くなられた方はいない。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/http://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

消防団訓練と報恩講

中小企業の租税軽減措置

日経夕刊は会計検査院の指摘。

中小企業の後継者が円滑に事業承継するための相続税の軽減措置がある。

たとえば事業用の不動産は事業承継のためなら相続税が軽減されるが、相続税の申告直後に売却する事例が多数あるようだ。

中小企業に分類されるが事業規模が大きく、財務基盤の盤石な会社にも軽減措置が適用されるが、会計検査院は疑問を呈している。

先々、中小企業の税の軽減措置が見直され、適用範囲が狭められる可能性も出てきた。

ものづくり補助金制度への指摘など会計検査院は声を上げるようになってきた。

会計検査院廃止論が出ることもあり、最近の存在感の発揮は著しい。

会計検査院の発言に注目したい。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/http://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

中小企業の租税軽減措置